社会福祉士会とは

入会のご案内

市民のみなさま

会員のみなさま

トップページ社会福祉士会とは助成・補助事業>2017年度

助成・補助事業

2017年度補助金・助成金事業

【補助金事業】

事業名称 地域における成年後見制度の利用に関する相談機関やネットワーク構築等の体制整備に関する調査研究事業
補助金交付団体 厚生労働省(平成29年度老人保健健康増進等事業)
事業の概要 ・成年後見制度利用促進策の強化のため、支援の各場面やネットワークの構築について、支援機能の担い方・手法を整理し、権利擁護支援の地域連携ネットワークの構築、中核機関の設置等、地域における権利擁護支援・成年後見制度利用促進のための体制整備に向けた手引きの作成等を行う。
事業概要(PDF)
補助金額
(千円)
16,000
事業報告書等
「地域における成年後見制度利用促進に向けた体制整備のための手引き」

「手引き」(頒布版)のご案内を、近日中に掲載いたします。
「成年後見制度利用促進フォーラム」資料集
「調査研究事業報告書」
サマリー
備考 4月28日(土)より、「成年後見制度利用促進フォーラム」の動画が視聴可能となります。
eラーニング講座はこちら。(※このフォーラムの動画は、どなたでも無料で視聴いただけます。)

 

事業名称 地域共生社会の実現に資する体制構築を推進するソーシャルワークのあり方に関する実証的調査研究
補助金交付団体 厚生労働省社会・援護局
事業の概要 地域共生社会の実現に向けた活動において必要だと考えられるソーシャルワーク機能を社会福祉士が果たしていることを実証するとともに、そのソーシャルワーク機能を果たすために必要な価値、知識、技術、組織要因等を明らかにする。
補助金額
(千円)
10,000
事業報告書 調査研究報告書
備考  

 

事業名称 自殺予防ソーシャルワークに関するテキスト開発およびリーダー養成研修事業
補助金交付団体 厚生労働省社会・援護局
平成29年度自殺防止対策事業
事業の概要 本事業においては、平成28年度自殺防止対策事業で開発したアセスメントツールに 関するプレテストを、「ネットワーク構築」「多職種連携」の視点から継続実施する とともに、生活困窮者自立支援制度における自立相談支援機関や、地域包括ケアの中 核拠点である地域包括支援センター等、ソーシャルワークの実践現場に従事する社会 福祉士が、日常の実践の中で、自殺の疑いがある人の状況を適切にアセスメントし、 関係機関との連携できる実践力の向上に資するための「テキスト開発」を進めること とする。
また、リーダー研修を通じ、都道府県における自殺予防に関する取り組みの中核とな る人材の養成を目指す。
補助金額
(千円)
4,000
事業報告書等 事業報告書(一括ダウンロード)
分割版:
表紙・目次・第1部
第2部1章
第2部2章
第2部3章
第2部4章
第2部5章
参考資料
備考 ・サマリーはこちら
・【参考ツール:平成28年度自殺防止対策事業で開発した支援ツールはこちら


【助成金事業】

事業名称 滞日外国人支援に携わる実務者(社会福祉士)の滞日外国人支援基礎力習得のためのガイドブック作成及び研修プログラムの開発事業
助成団体 社会福祉法人 中央共同募金会
事業の概要 本年度は、社会福祉士もしくは相談業務に携わる専門職の日常業務における外国人支援についての調査研究を行い、次年度は、本年度の調査結果をもとに、外国人支援に携わる社会福祉専門職にとって課題となる支援実践上の課題、求められるスキル等を反映させた教材(ガイドブック)の作成及びモデル研修を実施する。
助成額(千円) 4,000
事業報告書 開発事業報告書