社会福祉士会とは

入会のご案内

市民のみなさま

会員のみなさま

トップページ>コンテンツ>国際関連国際委員会関係>海外研修・調査について

海外研修・調査について

海外研修・調査について

  海外で実践的な社会福祉研修・調査を実施する機会として、「社会福祉士海外研修・調査事業」(実施主体:(財)社会福祉振興・試験センター)があり、本会では社会福祉士の2017年度推薦を行っています。 2007年度は1名、2008年度は2名、2009年度は1名、2010年度は3名、2012年度は3名、2013年度は3名、2014年度は2名、2015年度は2名、2016年度は1名の社会福祉士を派遣しています。

2017年度 海外研修・調査派遣者の推薦について

本会への締切は2017年5月10日(水)(必着)です。

なお、郵送で資料をご希望の方には、氏名、会員番号、住所、電話番号を明記の上、本会事務局国際担当まで郵便、ファックスまたはE-mailにてご連絡ください。

実施要綱はこちら

【募集概要】

目的 社会福祉士を諸外国へ派遣し、その国における相談援助の方法・技能等について実地に研修・調査し、もってわが国における社会福祉士の資質の向上並びに社会福祉の発展に資すること
定員 社会福祉士・精神保健福祉士合わせて5名以内
期間
  1. 概ね15日から30日(ただし、全日程のうち入出国日を除く3分の2以上は研修実働日に当てる)
  2. 2018年3月15日までに完了するものとする
対象者

現に社会福祉施設等において、相談援助の業務に従事している者であって、次の各号のいずれにも該当し、本会または(公社)日本精神保健福祉士協会の推薦を受けた者(会員以外の社会福祉士でも申込み可能)。

  1. 2017年9月1日現在、現に社会福祉施設等において、相談援助業務に従事して3年以上の者
  2. 2017年9月1日現在、社会福祉士または精神保健福祉士の資格取得後3年以上である者
  3. 2017年9月1日現在、25歳以上55歳未満の者
  4. 研修・調査終了後も引き続き相談援助の業務に従事する意志を有する者
  5. 過去において、社会福祉振興・試験センターの海外研修に参加したことのない者
研修テーマ
  1. 社会福祉施設等における社会福祉専門職の実践的役割とその実態について
  2. 障害福祉サービス事業所等における精神保健福祉専門職の実践的役割とその実態について
  3. 1、2以外のテーマで、適当と認めたもの

※当該研修は、派遣者自身が選定したテーマに則って研修・調査を行うものであり、単なる現地施設見学や現地におけるセミナーに参加することだけを目的としたもの等は認めない。

研修・調査
実施国
派遣者自身が当該研修・調査テーマに適する実施国および施設等を選定し、受入先の承諾を得て研修・調査を行う
※これまでの研修・調査実施国(参考):韓国、イギリス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、スウェーデン、デンマーク、アメリカ、カナダ、オランダ等
派遣者の選考 (財)社会福祉振興・試験センターにおいて、書類審査を行う
費用 (財)社会福祉振興・試験センターが必要と認めた額を交付する
申込締切 2017年5月10日(水)(必着)
提出書類

●様式ダウンロードはこちら

以下の(1)~(5)を郵送にてお送りください。書類に不備がないことをご確認ください。不備がある場合は、受理できない場合があります。

(1)「社会福祉士・精神保健福祉士海外研修・調査参加申込書」(A4、1枚)
(2)「社会福祉士・精神保健福祉士海外研修・調査 概要(予定)」(A4、1枚)
(3)「社会福祉士・精神保健福祉士海外研修・調査 小論文」
・1,200字程度、横書き、A4(たて)用紙にまとめること
・研修テーマにもとづき、「海外研修・調査」に参加したい目的、理由を明記すること
(4)履歴書(写真貼付のこと)
(5)健康診断書(1年以内の定期健康診断書等、コピー可)

申込み
問い合わせ先

※社会福祉士および精神保健福祉士の両方の資格をお持ちの方は、研修テーマにより下記のいずれかの団体にご照会ください

(公社)日本社会福祉士会事務局
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-13カタオカビル2階
TEL:03-3355-6541  FAX:03-3355-6543
Mail:info@jacsw.or.jp  
※メールでのお問い合わせの場合は、メールの件名に「海外研修・調査について」とご記載ください。
(公社)日本精神保健福祉士協会
〒160-0015 東京都新宿区大京町23-3四谷オーキッドビル7階
TEL:03-5366-3152

【申し込み希望者の方へ】
 「社会福祉士海外研修・調査」への申し込みは、(公社)日本社会福祉士会あるいは(公社)日本精神保健福祉士協会からの推薦が必要となります。そのため直接、(財)社会福祉振興・試験センターへの申し込みはできませんのであらかじめご了承ください。
なお、社会福祉士として「海外研修・調査」に参加された方には、帰国後に(公社)日本社会福祉士会の研究誌 『社会福祉士』で研修・調査の成果を発表いただきます。
2017年度「海外研修・調査」に参加される方には、2019年3月上旬に刊行する第25号に、研修・調査の 成果をご執筆依頼させていただくことになりますので、あらかじめご承知おきください。