トップページへ

「認定社会福祉士」「認定上級社会福祉士」とは

  • 認定社会福祉士とは
    社会福祉士及び介護福祉士法の定義に定める相談援助を行う者であって、所属組織を中心にした分野における福祉課題に対し、倫理綱領に基づき高度な専門知識と熟練した技術を用いて個別支援、他職種連携及び地域福祉の増進を行うことができる能力を有することを認められた者をいう。
  • 認定上級社会福祉士とは
    社会福祉士及び介護福祉士法の定義に定める相談援助を行う者であって、福祉についての高度な知識と卓越した技術を用いて、倫理綱領に基づく高い倫理観をもって個別支援、連携・調整及び地域福祉の増進等に関して質の高い業務を実践するとともに、人材育成において他の社会福祉士に対する指導的役割を果たし、かつ実践の科学化を行うことができる能力を有することを認められた者をいう。

 

【具体的な活動場面や役割のイメージ】

 

認定社会福祉士(○○分野)※1

認定上級社会福祉士

活動

  • 所属組織における相談援助部門で、リーダーシップを発揮。
  • 高齢者福祉、医療など、各分野の専門的な支援方法や制度に精通し、他職種と連携して、複雑な生活課題のある利用者に対しても、的確な相談援助を実践。
  • 所属組織とともに、地域(地域包括支援センター運営協議会、障害者自立支援協議会、要保護児童対策協議会等)で活動。
  • 関係機関と協働し、地域における権利擁護の仕組みづくりや新たなサービスを開発。
  • 体系的な理論と臨床経験に基づき人材を育成・指導。

役割

  • 複数の課題のあるケースへの対応
  • 職場内のリーダーシップ、実習指導
  • 地域や外部機関との窓口、緊急対応、苦情対応
  • 他職種連携、職場内コーディネートなど
  • 指導・スーパービジョンの実施
  • 苦情解決、リスクマネジメントなど組織のシステムづくり
  • 地域の機関間連携のシステムづくり、福祉政策形成への関与
  • 科学的根拠に基づく実践の指導、実践の検証や根拠の蓄積

分野

  • 高齢分野、障害分野、児童・家庭分野、医療分野、地域社会・多文化分野
  • 自らの実践に加え、複数の分野にまたがる地域の課題について実践・連携・教育

※1 認定社会福祉士は分野ごとの認定となります。