トップページへ

スーパービジョン実績とは

 

□認定社会福祉士認証・認定機構(以下、「認定機構」という)では、認定機構が定めたスーパービジョンの枠組み(認定社会福祉士制度 スーパービジョン実施要綱)にもとづき、スーパービジョンを受ける・することで、認定社会福祉士および認定上級社会福祉士取得や更新に必要なスーパービジョン実績の単位認定を行います。


 

□認定制度のスーパービジョンの特徴

  • 認定制度のスーパービジョンは、スーパービジョンの手順や使用する様式を指定し、一定の枠組みの中で実施します。
  • スーパービジョンは事例検討とは異なります。事例を評価・検証するのではなく、事例に取り組むスーパーバイジーの価値、知識、技術に焦点をあてます。
  • 認定制度のスーパービジョンは、スーパービジョンを1年間に6回以上行うことを基準としています。
  • 認定制度のスーパービジョンでは、スーパーバイザーとスーパーバイジーは、スーパービジョンを行う前に1年間のスーパービジョン実施契約を締結します。 • 認定制度のスーパービジョンは、個人スーパービジョンが原則です。
  • 認定制度のスーパービジョンのスーパーバイザーとスーパーバイジーの関係は、職場内/職場外、同じ専門分野/異なる専門分野を問いません。
  • 認定制度のスーパービジョンでは、スーパーバイザーとなることができる者は、認定機構へスーパーバイザー登録をしている者となります。
  • 認定制度のスーパービジョンを受けたい社会福祉士(スーパーバイジー)は、認定機構にスーパーバイザー登録をしたスーパーバイザーに依頼します。
  • 認定制度の枠組みに従ったスーパービジョンを1年間に6回受けることでスーパービジョン実績2単位となります。5年間行うことで認定社会福祉士申請に必要な10単位になります。
  • 5年の間、スーパーバイザーは同じ者である必要はありません。

 

□スーパービジョンの手順及び使用する様式

 

□登録されたスーパーバイザー