トップページへ

スーパーバイザー登録者一覧

 認定社会福祉士制度におけるスーパーバイザーは、認定上級社会福祉士、認定社会福祉士の更新者及び認定上級社会福祉士に準じる者が担うとされていますが、認定上級社会福祉士及び認定社会福祉士の更新者が誕生していないことから、一定の要件を満たした者を「経過措置期間におけるスーパーバイザー」として登録してきました。
 この経過措置については、「経過措置期間におけるスーパーバイザー登録規程」に基づき運用を行ってきましたが、2017年8月5日に「スーパーバイザー登録規程」が成立したことにより、経過措置期間におけるスーパーバイザー登録規程は廃止し、スーパーバイザー登録規程の「経過措置期間におけるスーパーバイザー」は「その他、機構が認める者」に移行することになりました。
 なお、掲載しているスーパーバイザー登録リストは、システムの切り替え等の関係で、経過措置におけるスーパーバイザー登録規程の区分での表記となっています。

区分1:

社会福祉士有資格者(職能団体が推薦する者)

区分2:

施設や機関等において職員のスーパービジョンを担当している者(施設や機関の長が推薦する者)

区分3:

認定社会福祉士認証・認定機構が推薦する者(教育団体が推薦する者)

 

区分1登録者は連絡先の公表が必須、区分2登録者は非公開、区分3登録者は任意です。区分1及び区分3の登録者が行うスーパービジョンは認定社会福祉士取得のための「スーパービジョンを受ける」実績の単位対象となります。区分2の登録者が行うスーパービジョンは、同一施設及び機関の職員に限って認定社会福祉士取得のための「スーパービジョンを受ける」実績の単位対象となります。

 

スーパーバイザー登録者一覧

 

スーパーバイザーの登録内容の変更      

住所等の変更

登録している、自宅、勤務先、連絡先の変更、備考の修正をしたい場合は、「認定社会福祉士制度管理システム」にログインし、ご自身で登録内容の変更を行ってください。
なお、認定社会福祉士制度管理システムへのログイン方法は、登録スーパーバイザーの方には個別にご案内しています。

氏名の変更

氏名を変更したい場合は、申請書類のページから「スーパーバイザー登録内容変更届」をダウンロードし、必要事項を記入の上、認定機構事務局までお送りください。

推薦団体の変更

推薦団体を変更する場合は、申請書類のページから「スーパーバイザー登録内容変更届」をダウンロードし、必要事項を記入の上、推薦書を添えて認定機構事務局までお送りください。

登録区分の変更

登録区分を変更する場合は、登録審査が必要となります。登録申請期間に登録申請を行ってください。