社会福祉士会とは

入会のご案内

市民のみなさま

会員のみなさま

トップページ>コンテンツ>委員会活動独立型社会福祉士委員会>こんな仕事をしています

こんな仕事をしています

◆ こんな仕事をしています

独立型社会福祉士の仕事は多種多様です。契約の相手先によって分類すると、下記のようなものがあります。

  1. 個人との契約によるもの
    個別相談・援助、見守り、家族支援、任意後見、任意代理、移送サービスの提供、レスパイトサービスの提供 など
  2. 公的サービスや行政からの委託などによるもの
    ケアプランの作成、認定調査の委託、認定審査会委員、自治体の福祉関係委員、成年後見の受任、介護保険法や障害者自立支援法に基づくサービスの提供、研修による福祉・介護従事者の育成、福祉サービス利用援助事業 など
  3. 社会福祉法人・企業・学校などとの契約によるもの
    福祉サービスの第三者評価、施設や事業所の苦情解決のためのオンブズマンや第三者委員、コンサルタント、アドバイザー、スーパーバイザー、福祉などに関する企画・立案、専門調査の実施、教育機関の講師、施設などの職員研修講師、団体などの講演会講師 など
  4. ボランタリーなもの
    地域でのネットワーク形成、当事者組織支援、地域啓発活動、社会資源開発、ホームレスの支援 など

 

◆ このようなご相談に対応します

独立型社会福祉士は、援助を必要としている個人、家族、事業所、法人等からの相談に対応します。

  • 事業所のサービスのレベルを向上させたいが、相談できる専門家を探したい。
  • これから長期にわたって、多くの方面から支援してもらわないといけないが、全体の中心になって設計してくれる人が欲しい。
  • 判断能力が不十分になっているため、悪徳業者にお金を持っていかれるなど困っている。
  • 判断能力が不十分になっているため、必要だと思われるサービスを拒んで利用しようとしない。
  • 役所や相談機関などいろいろなところへ行ってみたが、なかなか対応してもらえない。
  • 家族から虐待されているようで、よく顔や手に傷を作っている。
  • 公的な制度の対象にならないので、どこからも支援が受けられない。
  • 地域のサービスだけでは、十分な支援がしてもらえない。
  • 学校が保護者とのトラブルが多く困っている。子どもへの影響もあるのでどう対応したらよいか。
  • 団体で研修会を企画しているが、専門的に話してくれる講師を探したい。