メニューをスキップします

公益社団法人 日本社会福祉士会

文字サイズ

  • 標準

サイトマップ

求人情報

ホーム > お知らせ > 求人情報 > 日本社会福祉士会 政策実践研究員募集要項の募集

日本社会福祉士会 政策実践研究員募集要項の募集

< -->

掲載日:2022年4月21日

次の通り、日本社会福祉士会 2022年度 政策実践研究員の募集をいたします。

募集要項の印刷はこちら(2022年度 政策実践研究員の募集)

1 採用予定数
常勤研究員 2名程度
 
2 職務内容
企画室及び研究にかかる次の業務
・社会福祉士及び認定社会福祉士の有意性に関する調査研究
・補助・委託事業における調査研究事業への協力
・各省庁への提案事項及び内容の取りまとめ
・本会の定款上の目的、倫理綱領に則り、必要な要望・意見・声明文書の作成
・本会の「倫理審査委員会」の運営
・本会アドバイザー登録に関する事務
・上記の遂行に伴う、必要な情報収集、会議に出席のうえでの理事会、委員会並びにアドバイザーとの連絡・調整及び本会研究事業の企画立案に関する事務局職員への助言等。
 
(業務例)
・各分野における社会福祉士・認定社会福祉士と無資格者・他の専門職との機能・役割の比較を目的とした調査研究
・各省庁からの照会に対する資料の作成
・本会から各省庁への提案書(年1回提出)の取りまとめ
 
3 応募資格
次のいずれにも該当すること。
①本会の目的である「人びとの権利擁護と社会福祉の増進」「社会福祉士の質の向上と社会的地位の向上」への意欲と熱意があること。
②次に掲げる専門(名称を問わず同様の専門領域を含む)での博士の学位取得者、同博士取得見込の者又は研究業績からみてこれと同等以上の能力を有すると認められる者。
「社会福祉学」・「心理学」・「教育学」・「社会学」・「医学」・「保健学」・「経済学」等
③個人と社会の多要因が関わる実証的調査(アンケート調査、インタビュー調査等)を設計・実施し、それに基づく研究業績を有すること。
 
4 着任予定日
採用が決定次第
 
5 雇用形態
常勤(任期あり、採用日から2025年3月31日まで(3年度目の3月31日まで))
※評価によって雇用期間を延長する場合があります。また、他部署への配置転換する場合もあります。
 
6 待遇
(1)給与   月額231,220円(最低保証額)(その他、実績等により加算あり)
(2)諸手当  通勤手当(上限50,000円/月)、住居手当、扶養手当
(3)賞与   4.3か月(実績)
(4)福利厚生 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
 
7 勤務条件
(1)勤務日  勤務日のうち、事務局出勤日は、毎週月曜から金曜日まで
(2)勤務時間 午前9時15分から午後5時45分まで(午後0時から午後1時まで休憩)
(3)休日・休暇 週休2日(土日、祝日は業務により、出勤があります)
         年末年始(12月29日~1月3日)
         年次有給休暇(勤続年数による。残日数は20日を限度として翌年に繰越)のほか、
         特別休暇(結婚等)、産前産後休暇、介護休暇及び育児休暇があります
(4)試用期間の有無 なし
(5)受動喫煙を防止するための取組 特定屋外喫煙場所あり
 
8 任期
1期3年(年度での採用。実績に応じて更新可能)他の部署への配置転換する場合があります。
 
9 勤務地
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-13 カタオカビル2階
公益社団法人 日本社会福祉士会 事務局
(最寄り駅)JR総武線・中央線 「四ッ谷」駅、地下鉄丸の内線・南北線 「四ッ谷」駅
 
10 提出書類
(1) 履歴書(日本工業規格様式、写真添付によること。)
(2) 成績証明書(最終学歴のもの)
(3) 修了証明書(最終学歴のもの)
(4) 業績目録
著書(単著・共著)、論文(単著・共著・査読有無)、翻訳、加盟学会、学会における活動、受賞、社会的活動、学位(学位名、論文題名、取得年月日、大学名)を記載のこと。
(5) 主要研究業績のコピー
主著者としての論文2点以内(博士論文又は博士論文に基づく査読論文がある場合はどちらかを含めること)。大部にわたるものについては要約を添付のこと。
外国語論文を提出する場合には邦訳を添付すること。
また、「3 応募資格」の「③」(実証的調査の研究業績)に関して、その内容が確認できる
業績を1点併せて提出すること(主要研究業績に調査の研究業績が含まれている場合は、
省略することができる)。
(6) 小論文
①本会に貢献できること(日本語 2,000 字、A4判2枚程度)。
②次に掲げる例を参考にして、社会福祉士に関する研究テーマを任意に選び、自分が研究を行うとした場合の研究の企画書を試作すること。(日本語 2,000 字、A4判2枚程度)
例1 生活困窮者自立支援事業における社会福祉士の有用性に関する調査研究
例2 福祉事務所における他職種と社会福祉士の実践内容に関する実態調査
例3 児童相談所における社会福祉士の役割に関する調査研究
※提出いただいた書類は返却いたしません。
 
11 提出期限
2022年4月以降(随時受付)
 
12 選考方法
第一次選考:書類選考(書類審査で可とされた者に、第二次選考の案内をします。)
第二次選考:適性検査(四谷事務所で行います。交通費は自己負担でお願いします。第二次選考で可とされた者に、最終選考の案内をします。)
最終選考:本会が提示する政策の解説と上記主要研究業績のうちから自ら選択したものについての研究発表(質疑応答を含む。)及び面接(日時、場所等は、第二次選考合格者に別途通知する。)
 
13 書類提出先
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-13 カタオカビル2階
公益社団法人日本社会福祉士会
 

問い合わせ先

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-13 カタオカビル2階
公益社団法人日本社会福祉士会
採用担当 草川・牧野・北村
電話:03-3355-6541
E-mail info@jacsw.or.jp
 

求人情報